MENU

主婦でも借りれるカードローンガイドブックでも大手有名サービスが断然イチオシ!即日や無利息、来店不要も可能な目的別ランキングはこちらです!

主婦がカードローンを申し込みする場合の審査について

主婦は審査が心配

まずは主婦とカードローンの審査についてです。実は、カードローンには様々な種類があります。まずは銀行系カードローンです。これは口座がなくても申し込みが可能なケースが多く、最大のメリットは金利が低く、借入できる最大額が大きいという点です。銀行によっては、1000万や800万までの借入が可能です。金利も2.5%程度からとなっています。また、銀行ATMで借入や返済が出来るので、利便性は高いといえます。一般のサラリーマンなど安定収入がある人でも、金利が安く限度額が大きいとなると審査が厳しめになります。ここでポイントになるのが、主婦でも大丈夫かどうかですが、その審査基準は銀行によって大きく異なります。収入がないから不可という場合もあれば、配偶者に安定収入があれば、50万までは大丈夫など判断基準はそれぞれです。さらに主婦専用のレディースローンなどもあります。これも審査には通りやすいと言えます。

 

あとは、銀行系以外には消費者金融またはクレジットカード会社や信販会社のカードローンがあります。銀行系とは違い、これらの会社は限度額が小さく、また金利が15%から18%程度が一般的です。その分銀行系とは違い、審査は通りやすいですが、主婦となると話は違います。主婦は収入がゼロとなります。近年貸金業法の改正により、総量規制が導入されました。これは借入が年収の3分の1までに制限される制度の事で、借入にあたっては年収証明等を提出します。また信用情報機関にも照会をかけ、他社での借入残高を確認して借入可能かどうかの判断を業者がします。主婦は先ほどの通り収入がありませんので、この総量規制により借入が出来ないことになります。ただし、銀行系カードローンはこの総量規制の対象外となっていますので、借入が可能となります。つまり金融機関の判断により、50万までなどと決めています。なおこれはあくまでも主婦の話なので、パートをしている主婦は収入がありますので、また別基準での審査となります。

 

このように同じカードローンでも総量規制の対象や対象外など異なりますし、同じ銀行系でも金利や限度額さらには利便性なども全く違ってきます。主婦が借りる場合はむやみやたらに申込をせずに、事前にどこが良いのかを情報収集して申込をする必要があります。なお、むやみやたらに申込をして申込ブラックになったり、または今まで金融事故や返済遅延をおこしていたりすると、当然信用情報機関にはそのデータが残っていますので、審査は厳しいものになる事は十分注意が必要です。

主婦に人気の銀行カードローンとその特徴や限度額など

主婦だと限度額は少ない?

次に、主婦がカードローンで借りれる限度額を解説します。近年、自分自身に収入が無い主婦の方でも利用できる銀行カードローンが人気を集めています。貸金業法には、借り入れは年収の3分の1までとする総量規制という法律があり、この法律が適用される消費者金融や信販会社から、無収入の主婦がお金を借りる事はできません。しかし、銀行は銀行法に基づいて営業されている為、総量規制の適用外となり、主婦でも借り入れが可能なのです。この銀行カードローンが主婦の人気を集めるのには、三つの理由があります。

 

一つ目は、主人の収入証明書や同意書が不要で自分自身の名義で申し込む事ができるからです。家計のやりくりに悩む度に、家族に相談して攻められたりすることもなく、家庭内のトラブルを回避できます。二つ目は、審査や融資が早く、早ければ、即日借り入れができるからです。支払期限が迫っている等、お金が急に必要になった場合に申し込みや審査に日数がかかると利用しづらくなります。銀行カードローンは、申し込み日当日に、借り入れ金の振込みまでが完了してしまう事も多く、大変便利です。三つ目は、低金利で返済の負担が少ないからです。消費者金融や信販会社に比べ、良心的な金利でお金を貸しているのが銀行です。金利が払えずに返済に困るという事も少なく、計画的に借り入れができれば家計のピンチを乗り越える事ができます。

 

このように、主婦人気が高い銀行カードローンですが、申し込む前に特徴、限度額、金利、無利息期間等をきちんと調べ、自分にあったカードローンを選ぶ事が大切です。主婦でも利用できる二つのおすすめ銀行カードローンとその限度額などを紹介していきます。一つ目は、東京スター銀行カードローンです。最短即日融資が可能、融資限度額は500万円上限です。実質年率は、4.5%から14.6%となっています。このローンの最大の特徴は、インターネットバンキングを利用したウェブ取引が可能なローンであるという点です。来店する必要やカードの発行も無く、すべてのやり取りがパソコン上で行えます。家族にばれる心配が少なく大変便利です。二つ目は、新生銀行カードローンのレイクです。平日14時までに手続きが完了すれば、即日融資も可能、融資限度額は500万円上限です。実質年率は、4.5%から18%となっています。30日間全額無利息か、5万円までを180日間無利息のどちらかで借り入れる事ができます。無料の返済シュミレーションを利用して、毎月の返済額や返済期間を申し込み前に簡単に確認する事ができるので安心です。

主婦がカードローンを申し込むと在籍確認は行われるの??

主婦でも在籍確認って必要なのjかな?

また、主婦でもカードローンに申し込むと在籍確認が必要になるのかについてもお話しします。カードローンやキャッシングの審査の最終段階では、会社や職場に電話をかけて返済能力の裏づけをとる在籍確認が行われます。消費者金融や信販会社は、無担保でその人の返済能力を信用してお金を融資します。また、貸金業法に定められている総量規制という制度に基づき、本人の年収の3分の1までを融資し、本人が働いていない場合は融資できません。その為、本人の申告と矛盾していないかをきちんと職場に電話をかけて確認するというわけです。

 

職場に電話がかかってくるので、お金を借りた事が同僚、上司にばれてしまうのではと危惧して不安になってしまう方も多いです。しかし、堂々としていれば、社名を名乗ったりはしないので周囲の人にはばれまでん。無収入の主婦は、そもそも消費者金融や信販会社からはお金を借りる事はできないので、在籍確認で夫にばれるのではという心配は無用です。主婦でも、夫に内緒でカードローンを利用したいのなら、銀行系のカードローンがオススメです。銀行は、銀行法の元で営業されているため、貸金業法の総量規制は適用外となります。つまり、無収入の主婦でも自分名義でカードローンを申し込む事が可能なのです。しかし、主婦は働いていないので在籍確認はできません。銀行側も在籍確認無しで貸すというリスクを負うわけなので、主婦が借り入れる事ができるのは、30万から50万程度の小額となるのです。50万以上の多額の借り入れを希望する場合は、夫や家族としっかり話す事が大切です。

 

主婦が利用できるおすすめの銀行カードローンを二つ紹介します。うまく利用すれば、生活費の補填やちょっとした贅沢に気軽に利用でき、家計のピンチを乗り越える事ができるかもしれません。一つ目は、東京スター銀行カードローンです。最大の魅力は、口座を開設していれば即日融資を受ける事ができる点です。ウェブ取引が可能で、来店する必要やカードが自宅に届く事もなく、夫や家族に内緒で気軽に利用できます。二つ目は、楽天銀行スーパーローンです。300万円まで、収入証明書を提出しなくても借りる事ができるローンで、主婦でも50万円までは、夫の収入証明書なしで借り入れ可能です。あと、話が繰り上がりますが夫や家族に内緒でお金を借りる際には、色々な銀行系カードローンの特徴を調べた上で、借り入れ金額と返済額を決定する事が大切です。月々の返済額を抑えると、返済期間が長くなり低金利の銀行系カードローンであっても総支払額は膨れ上がります。また、月の返済額が多すぎても、かえって夫や家族に怪しまれてしまうので注意が必要です。

主婦が旦那に内緒でカードローンの契約はできるの??

主婦だからこそ旦那には内緒にしたい!

最後に、主婦がカードローンを利用する際に避けて通れない家族や旦那に内緒にできるのかを伝えておきます。一般的に主婦は消費者金融ではお金を借りる事はできません。これは消費者金融には賃金業法で定められた総量規制があり収入の1/3までしかお金を借入れできないという決まりがあるので収入のない主婦には借りる権利もない事が基本になります。一方銀行のカードローンは銀行法では特に総量規制が定められていないので銀行がそれぞれの契約形態を持っていてその流れの中では基本的に配偶者の同意書などの提出や配偶者への確認の電話がある金融機関は少ないと言えます。つまり主婦でもカードローンを旦那に内緒でつくれるという事になります。

 

銀行で主婦がカードローンを旦那に内緒で契約するには基本的に配偶者である旦那さんの収入が安定している事が必須になります。仮に借入れ希望の主婦の人がアルバイトやパートなどをしているのであれば、属性が主婦ではなくパートやアルバイトという事になるので契約の流れやすべての面において全く違う審査基準になります。主婦の場合にはいくら配偶者に安定した収入があったとしても、借入限度額そのものは多くの銀行が低めに設定しているケースが多くよく巷で銀行のカードローンは金利が安いという事をWEBサイトなどで公開されているケースがありますが、あくまでも高額の限度額の契約が結べた人に対しての金利が低いという事で主婦の限度額は決して低いとは言えませんし多くの場合には低い限度額での契約で金利も契約したカードローンの金利としては最も高い金利になっていると言えます。

 

要するに旦那に内緒にするということは限度額も絡んでくることとなりまして、気になる限度額ですが大手都市銀行などでは20万円〜30万円くらいの金融機関が多く決して多くはありませんが50万円を限度額としている銀行もあるようです。地方銀行に関しては基本的には都市銀行と大きな差はないようですが、やはり30万円くらいの銀行が多く、最大でも50万円くらいが限度額になると考えられます。信用金庫や信用組合でもカードローンでの契約はできますが、契約時に出資金のような形で既定のお金を預けるスタイルをとっているケースが基本になります。限度額に関しては銀行と多くな差はないと思われますが、信用金庫や信用組合は基本的に地域密着型の営業方針のため審査基準に若干違いがある可能性もありますがあくまでも申し込む前に確認をするのが基本です。ネット銀行でも限度額は通常の金融機関とあまり差はなく50万円くらいになっている事が多くなっています。多くの金融機関で旦那に内緒でカードローンをつくる事ができますが、必ず事前に商品概要を確認して審査や借り入れまでの手続きの流れを確認する事が大切になります。